低用量ピルサイトのメイン画像

低用量ピルを飲まない理由

低用量ピルのシート

低用量ピルの服用率がわずか1%程度の日本では、未だに多くの人々がコンドームを避妊方法としています。

海外では女性の半数近くがピルを服用している国もあり、逆にコンドームの使用率が極めて低い国もあるのです。

特に欧米の女性達は、避妊は女性も積極的に行うべきだという意見を持つ人が多く見られます。

日本の女性達はなぜ低用量ピルを服用しないのでしょうか。

低用量ピルを使用しない理由

日本人女性が低用量ピルを服用しない理由は下記の点が考えられます。

低用量ピルについてあまり知らない

日本では1999年に低用量ピルが承認されたのですが、国連加盟国189カ国の中では一番最後だったのです。

承認後もエイズや性感染症の拡大、女性の不貞、ピルの副作用などを恐れて厚生労働省がピルの普及に積極的でないことで、低用量ピルをよく知らないという女性が多いのが現状です。

日本の性教育では未だに避妊具としてコンドームしか紹介しないというケースが多く見られます。

医師の処方箋がないと買えない

日本では、国に指定された医療機関を受診しない限り、低用量ピルが入手できない状況が続いています。

病院では診察料や薬代、検査料などが発生して、低用量ピルを貰うのに結局高いお金を出さなければいけないのです。

高いお金を出して低用量ピルを処方してもらうくらいなら、コンビニやドラッグストアなどで気軽に買えるコンドームの方を選んでしまうのも無理はないでしょう。

低用量ピルはメリットが満載の避妊具

低用量ピルは避妊効果が99.9%と、どの避妊方法と比べても避妊に成功する確率が高いのです。

避妊効果以外にも生理痛やPMSの緩和、ニキビや多毛症の改善、更年期障害の予防にも効果があるとされています。

旅行やレジャーなど、生理日と被ってはまずい日からずらすことができるのもメリットです。

さらに、低用量ピルは病院でなくても通販サイトで購入して海外から発送してもらうこともできます。
診察が不要なので、薬代と送料しかかからずに安く手に入るのです。